あらかわで
ポニー馬車に
乗ってみませんか

あらかわで
ポニー馬車に
乗ってみませんか

11月23日(金・祝)- 24日(土)
in すとふぇす2018

乗車券完売!
ありがとうございました。

キャンセル待ちについて

メールで問い合わせる

うまステ

馬車とほっこり

乗車は大人3名まで

大人1名とお子さん3〜4名まで

記念写真で

思い出の記念写真を見返して「にっこり」

にんじんで

ポニーとふれあい体験でちょっと「どっきり」

馬ていクッキーを

馬ていをかたどったオリジナルクッキーを食べて「ほっこり」
製作: アトリエ エヌ

チェキ

いつも笑顔を身近に(別売)

の毛ストラップ

馬の毛を身近に置くと幸運を呼ぶとされています(別売)

「おはぎ」ちゃんと馬車

ポニーの「おはぎ」ちゃんは軽井沢からやってきます。普段は山の中で木を運んだり、畑を耕したり、いろんなお手伝いをしてくれます。時には草競馬で走ったりもしていますよ。
馬車は18世紀フランスで発明され、仏英両国で主として高貴な女性の私的外出に用いられた「ヴィクトリア」に倣った形状です。舟底形のボディ、径の違う前後輪、前輪後方の空間が「鶴の頸(クレーン・ネック)」の曲線を描く、曲面の泥よけ、といった特徴を持ちます。

ありがとう
「あらかわ遊園」
そして、また。

「あらかわ遊園」乗り物広場が、リニューアルのため平成30年12月から約2年ほど休館します。レトロな雰囲気の観覧車やメリーゴーランドの姿が消えることに、一抹の寂しさを感じるという声は少なくありません。

「あらかわ遊園」の開業は、大正11年5月1日。この地にあったレンガ工場の跡地付近に、経営者だった広岡勘兵衛氏らの手によって設立されました。開業時は、浴場・演芸場・遊泳場・水上自転車・遊覧モーターボートなどの施設があり、滝・池・築山などを備えた、まるで現代のヘルスセンターのような行楽施設でした。当時、尾久周辺ではラジウム鉱泉が発見され、不老閣・保生園・大河亭・小泉館・清遊館などの温泉旅館がつぎつぎと開業していきました。そして、戦後の昭和25年に、子供のための遊園地としてリニューアルされました。そんな古き良き「あらかわ遊園」を懐かしみ、開園した当時の様子を、赤れんが、尾久温泉、そして馬車のイメージで再現したいと思います。

また、大正から昭和にかけては、ここ尾久では、田畑を耕したり、荷物を運搬したり、馬は人々の暮らしに欠かせない身近な存在でもありました。急速に近代化する街に住む人々は、身近にいる大きくて暖かい動物たちに、一時の安らぎを感じていたはずです。 そんな当時の馬と人の関わりに想いを馳せ、「馬車」を運行したいと思います。 

馬との共生の場を提供することで、人の気持ちをほっこりとさせたい。 そんなの想いを描く「うまステ」が、開業当時の「あらかわ遊園」姿とその時代の雰囲気を再現させていただきたいと思っています。

「うまステ」とは

 うま・カフェ・ステーションの略で「うまステ」です。
親しみやすく、どこか懐かしい・・・そんな荒川のよさを活かして、
疲れた心が癒される場所、世代を超えて、ひとがつながる拠点をつくりたい。
そんな想いで「うまステ」の活動を始めました。
ひとつずつ夢を形にして、一歩ずつ、成長していきたいと思っています。

運行スケジュール

11/23(金・祝)

勤労感謝の日

  •  10:00-11:00 –  4組
  •  11:00-12:00 –  4組
  •  12:00-13:00 –  4組
  •  13:00-14:00 –  お休み
  •  14:00-15:00 –  4
  •  15:00-16:00 –  4組
  •  16:00-17:00 – 4組

11/24(土)

  •  9:00-10:00 – 4組
  •  10:00-11:00 – 4組
  •  11:00-12:00 – 4組
  •  12:00-13:00 – お休み
  •  13:00-14:00 – 4組
  •  14:00-15:00 – 4組
  •  15:00-16:00 – 4組

主催

限定50組のほっこり体験

なるべく、たくさんの方に馬車の時間を楽しんでいただきたいのですが、運行回数に限りがございます。ぜひ、お早目のご予約をお待ちしております。 

予約する

乗車券完売!